院長あいさつ

院長 手塚敬守

みなさん、こんにちは。
院長の手塚敬守と申します。

手塚歯科医院は高台の静かな住宅街の中、平成8年2月に開院致しました。
早いもので開院から23年が経ちました。
開業当時はレントゲンシステム、口腔内写真、詰め物、被せ物などまだアナログ製品が主流を占めていた時代でした。当医院も設備、器材等は当時最新の物を導入し最善の治療を心掛けていましたが、時代とともにデジタルへと移行しています。
現在、手塚歯科医院は患者様のニーズに応えるべく進化を続けています。被曝線量が少なく、かつ高精細なデジタルレントゲンシステムの導入、デジタル化した複数のカメラによる口腔内写真撮影と記録保存、コンピューターシステムによる詰め物、被せ物の設計、制作など効率的、高精度な診療を提供しています。
また今までの歯科治療は削って詰めるが主であり、後手後手、いわゆる悪くなったら歯科医が治すという流れでありました。
手塚歯科医院はCUREからCAREへの取り組みに重きをおいています。
歯科疾患の予防に重点を置き、可能な限り削らない、侵襲の少ない医療を心がけています。

そして、基本である安心、安全な医療を提供するべく感染予防、対策も行っています。
診察器具の個人滅菌パッケージ化、削る器具(タービンなど)の個人滅菌パッケージ化、ディスポーザブル品の使用などシステム化して取り組んでいます。
検査や治療などについての説明や情報の提供に際しては、患者様ご自身のお口の中の映像や模型等を使用し分かりやすい説明を心がけ、患者様とのコミュニケーションを大切にしています。

お口の中の健康は皆様の幸せな生活の源ではないでしょうか?
食べること、話すこと、笑うこと、コミュニケーション・・・
そんな素敵な毎日を皆様に送っていただける様、優しく、できるだけ痛みの少ない歯科治療を心がけ、日々診療に取り組んでおります。
お口の健康を守り、笑顔を支える身近な存在として、歯科医療を通じて地域社会に貢献できればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィ-ル

平成3年 神奈川歯科大学卒業
医療法人潤歯会 勤務 (横浜市)
神奈川歯科大学歯周病学講座研究生

平成8年 手塚歯科医院開設

しんわ幼稚園園医
宇都宮歯科衛生士専門学校保存学講師
がん診療連携登録歯科医
日本歯科審美学会会員
日本抗加齢医学会会員
日本歯科医師会会員
栃木県歯科医師会会員
宇都宮歯科医師会会員